胃腸薬を飲むタイミング

胃腸薬を服用時の注意点

胃腸薬は胃のもたれや胃痛など、胃の不快な症状を改善する効果を持っています。
1度はお世話になった事がある方も、多いのではないでしょうか。

市販の胃腸薬はドラッグストアなどでも、手軽に購入できるという事もあり、常備しておきたい薬の1つです。
ただ、飲み方を間違ってしまうと、効果が現れなかったり、体に悪影響を及ぼしてしまう為、注意が必要です。

薬を服用する際に、手元にあるお茶やコーヒーで流し込んでしまう方は、少なくありません。
「どうせ胃の中に入ったら同じ」と、考えてしまいがちですが、お茶やコーヒーでの服用はNGです。
お茶やコーヒーに含まれるカフェインや、タンニンという成分は、薬の吸収を阻害する作用があると言われています。
せっかく飲んでも薬が吸収されず、胃の不快感は残ってしまうかもしれません。

また、胃腸薬の中には胃酸を中和する、「制酸剤」の作用を持つものも多いようです。
制酸剤の効果がある胃腸薬は、お茶やコーヒーだけでなく、牛乳や炭酸飲料で服用する事は止めましょう。
炭酸飲料水で服用すると、胃酸を中和する作用が弱まってしまいます。
また牛乳で飲んでしまうと、頭痛や吐き気、食欲不振を伴うケースもあるようです。

胃腸薬を服用する際は、必ずコップ1杯の水で飲むようにしましょう。

この他に注意したいのが、薬を飲むタイミングです。
胃腸薬は症状などに合わせて、服用するタイミングに違いがあります。
出すぎた胃酸を中和する、成分の吸収を高める薬なら、食前や食間に服用すると効果的です。
消化を助ける効果のある薬は、食後に服用する事で作用を発揮します。
いつのタイミングで飲めば良いかは、パッケージや説明書に必ず明記されています。
ですので、何となく飲むのではなく必ず、飲むタイミングをチェックする事が大切です。
<今話題のネキシウム