胃腸薬を飲むタイミング

ストレス性の胃痛にお勧めの薬「第一三共胃腸薬」

胃がキリキリする、キューッと掴まれたように痛む、ムカムカするといった胃痛に悩んでいる方は少なくありません。
このような胃痛が起こる原因は色々とありますが、ストレスが原因で発症するケースが増えています。

健康な胃は胃の粘膜と胃酸のバランスが、整っていると言われています。
ですが、ストレスが加わると胃の粘膜が弱り、胃酸の分泌も増える為、胃の不快感を感じやすくなるのです。
胃の不快な症状は、市販薬でもケアする事が可能です。
様々なメーカーから胃痛を改善する医薬品は発売されていますが、中でも第一三共の胃腸薬は、ストレス性の症状緩和に有効となっています。

第一三共から発売されている胃腸薬の種類はいくつかあり、その中でも「セトラキサート塩酸塩」という成分を配合した胃腸薬は、胃粘膜と胃酸のバランスを整える効果に優れている点が特徴です。
セトラキサート塩酸塩は、胃腸薬には、胃粘膜血流を改善する効果を持っています。
胃粘膜の血行が改善される事で、胃酸によりダメージを受けた部分の修復が可能です。
血液の流れが良くなれば、胃粘膜の細胞が生まれ変わる作用「ターンオーバー」も促進されます。
どんどん、新しい胃粘膜が作られるようになるので、胃の保護作用がアップするのです。

セトラキサート塩酸塩の作用により、胃のむかつきなどを起こす胃酸の分泌を抑制し、胃粘膜のダメージを修復する事で、様々な胃の不快感を解消する効果が期待できます。

胃に何等かの症状を抱えていると、生活の質は低下してしまうでしょう。
美味しく食事をする為にも、胃腸薬でケアする事から初めてみる事をお勧めします。
有効成分を豊富に配合した、第一三共の胃腸薬はストレスで胃に不快感を感じる方に、ぴったりの市販薬です。